みどり・ひろみの好きなことしか喋らへん!

専門家

毎週月曜8:00ごろ配信
フリーアナウンサー歴うん十年のベテラン二人が「好きなこと」しか喋らないという番組。
主なテーマは二人が得意とする「映画」と「漫画」。映画の話では作品情報はもちろん、
出演者や制作側のコボレ話を森川みどりが。そして漫画の話ではオススメ漫画はもちろん、
原作や漫画家についてファン目線で宇野ひろみがお喋りします。
誰に伝えるのでなく、あくまで二人の独断と偏見で好きなことを好きなようにお喋りします。
そんな ”茶飲み話” にお付き合いください。

番組へのおたより

#35 韓国の最新ミステリー映画『別れる決心』と男の泣きを集めたオムニバズ漫画『(泣)ーかっこ なきー 』。

前半はパク・チャヌク監督の最新作『別れる決心』。過去に起こった転落事故を再捜査。事故死は他殺だったのでは?そこから始まるミステリー映画。後半はオムニバス漫画『(泣)ーかっこ なきー』。様々なジャンルの男性の泣き物語を描いた漫画。

#34 メジャーリーグの裏側を描いた映画『マネーゲーム』とたった一人でピアノの天才たちに立ち向かう凡人を描いた漫画『PPPPPP』

前半は2011年公開の映画『マネーボール』を紹介。メジャーリーグの中でも一番貧しい球団”オークランドアスレチックス”をモデルにした映画で、当時のアカデミー賞6部門でノミネートされた話題作。野球が分からない人でも楽しめる映画。後半は漫画「PPPPPP」。ピアノの天才の家に七つ後として生まれ、その中で一人だけ凡才だった主人公。その凡才が兄弟の天才たちに立ち向かう・・・。

#33 映画の方が見る人を選ぶ映画『イニシェリン島の精霊』と甘酸っぱい記憶を呼びさます、ほのぼの青春漫画『やまとは恋のまほろば』。

前半は第80回ゴールデングラブ賞で3冠を獲得した映画『イニシェリン島の精霊』を紹介。しかしこの映画は賛否が大きく分かれるそうで、映画の方が見る人を選ぶ!と言われてる・・・。そして後半は、これを読んだら遠い学生時代を思い出してしまう漫画「やまとは恋のまほろば」を紹介。

#32 箱根駅伝を映画にした『風が強く吹いている』(2009年作品)と現代の遊郭を舞台にした漫画「10億のアレ」。

今回からレギュラー仕様。映画と漫画を1作品づつ紹介します。まず前半は、箱根駅伝を題材にした漫画の実写版『風が強く吹いている』を紹介。弱小大学陸上部が勝ち上がってく姿を描いた青春映画。そして後半は、江戸時代にあった遊郭「吉原」が現代にあったらという想定で始まる漫画「10億のアレ」。秘め事だったこの世界のルールが解き明かされる!現代に置き換えても様々な人間模様と歴史が見えてくる興味深い漫画。

#31 成人の日スペシャル!森川みどりと宇野ひろみが二十歳の頃を振り返り、二十歳の頃の自分へメッセージを送る!

今回は「成人の日」スペシャルと題して、みどり・ひろみのお二人が二十歳の頃の写真を持ち寄り、当時の話をたっぷりしてもらいました。最後は、二十歳のころの自分へメッセージを送ります。

#30 お正月スペシャル!「森川みどりと宇野ひろみが何でもお答えします!」

2023年初回放送ということで今回はABCラジオ社内で「森川みどりさんと宇野ひろみさんに質問や相談はありませんか?」と募集して集まったお便りをお二人にあてました。さて、みどり・ひろみのお二人はどんな回答をしたのでしょうか?乞うご期待!

#29 2022年最後の配信は、二人が影響を受けた「映画」と「漫画」スペシャル!

2022年最後の配信は、森川が人生に影響を与えた映画3本を紹介。後半は宇野が人生に影響を与えた漫画3本を紹介します。

#28 現在大ヒット公開中の映画「THE FIRST SLAM DUNK」と現代版桃太郎!漫画「桃太郎日常茶飯事鬼退治」

まずは現在大ヒット公開中の「THE FIRST SLAM DUNK」を紹介。森川は「SLAM DUNK」の漫画とアニメを見たことがなく、若干の予備知識を入れてから映画館へ・・・。そんな彼女が漫画やアニメを知らなくても面白い!と太鼓判を押してしまうほどの出来!後半は漫画「桃太郎日常茶飯事鬼退治」を紹介。京都の路地の奥深く、ひっそり佇む訳アリの宿。その宿は、鬼の心をもった人間にしか見えない。イケメン主の営むその宿に、鬼に化身した人間が来る。現代の桃太郎が人の心に巣喰う鬼退治!

#27 「忠臣蔵の決算書」という本を実写映画化した『決算!忠臣蔵』(2019年公開)とクリスマスにちなんだ漫画『ブラックナイトパレード』

前半は、東京大学史料編纂所教授・山本博文の著書である「忠臣蔵の決算書」を実写映画化したのが堤真一とナインティナインの岡村隆史が主演の「決算!忠臣蔵」。「忠臣蔵」を題材に、限られた予算の中で仇討を果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を描いた時代劇コメディ。そして後半は、ギャグコメディ漫画「ブラックナイトパレード」。どこにも取り柄のない男の話。就活するも実らず三年の間、コンビニバイトで同僚の不手際の責任を押し付けられる毎日を送っていた。三度目のクリスマスの夜、限界を迎えた主人公は同僚と同じように廃棄するケーキを盗んでしまうが、それを黒いサンタ服の男に咎められる・・・。

#26 実話を基にしたアカデミー3部門を受賞した映画「アルゴ」(2012年公開)と紙袋をかぶった男と女子大生のラブコメディ「紙袋くんは恋してる」

前半は1979年から1980年にかけて発生した在イラン アメリカ大使館人質事件を題材にした、ベン・アフレック監督・制作・主演による2012年のアメリカ映画「アルゴ」を紹介。このアルゴは第85回アカデミー賞作品賞を始め3部門を受賞した。後半は、恋する一途な男子大学生。しかしその男子大学生は紙袋をかぶって生活している。シャイなのに、同じ学校の女子生徒にいきなりの告白!そして意外な展開に…!? 読むにつれ愛おしい、最高にキュートなラブコメ漫画!

#25 ケビン・コスナー主演のサスペンス映画『追いつめられて』と中世ヨーロッパの史実に基づいて書かれた漫画『王国の子』

前半は今から34年前の1988年公開の映画「追いつめられて」。海軍将校が国防長官の犯罪に巻き込まれていく様子を描く物語。主演の海軍将校役がケビン・コスナー。国防長官役がジーン・ハックマン。結末はどうなるのか?サスペンスタッチにご紹介。後半は漫画『王国の子』。史実に基づいて書かれた中世ヨーロッパを題材にした漫画!歴史を知らない人が読んだら勉強になるし、世界史に詳しい人ならより楽しい!という漫画。

#24 このタイトルじゃなかったら!映画『ドリーム』と警察ヒューマンコメディ漫画『下足痕踏んじゃった』

炎上するぐらいタイトルが論争となったなった映画『ドリーム』(2017年公開)。タイトルが他の物だったらもっとヒットしていたのでは?映画の内容はソ連とアメリカが宇宙開発競争が熱かったNASAでの実話。人間計算機と言われた黒人女性がいた。そんな映画のお話。後半は漫画『下足痕(ゲソコン)踏んじゃいました』。下足痕とは警察用語で「足跡」(靴底の後)。漫画の内容は刑事もの。交番勤務から警察署勤務(刑事課強行犯係)に配属される主人公。管轄内で起こる数々の珍妙な事件に挑むポップでライトな警察ヒューマンコメディ。

#23 大阪が舞台となったハリウッド映画『ブラックレイン』と大人に読んで欲しい!いくえみ綾漫作の漫画『1日2回』

前半は大阪で撮影があったハリウッド映画『ブラックレイン』を紹介。ロケ地の話や出演者の顔触れなど紹介しながら映画のあらすじを追っていく。改めてこの映画見るといろんな意味で楽しめる映画。後半は、大人の方に読んで欲しい漫画『1日2回』(作:いくえみ綾)。離婚して実家に出戻った39歳の男性と実家の隣りに住む幼馴染の未亡人との話。秋の夜長に読むとキュっと胸が締め付けられる思いになる漫画です。

#22 映画「オデッセイ」と漫画「ババンババンバンバンパイア」

前半はリスナーからのリクエストで2015年公開の映画『オデッセイ』を紹介。ときは近未来。火星探査で一人取り残された男の物語。取り残された男は知識の限り火星で生きようとする・・・。そして後半は吸血鬼が主人公の漫画『ババンババンバンバンパイヤ』を紹介。お風呂屋さんに住み込みでバイトをしている吸血鬼男、名前は森蘭丸。年齢450歳!実はあの織田信長の寵臣・森蘭丸だったのだ・・・。

#21 新作映画の話題作『あちらにいる鬼』と漫画『はじまらない結婚』のドロドロ2作品をご紹介。

前半は11月11日に公開予定の「あちらにいる鬼」を紹介。この映画はt女優・寺島しのぶが頭を丸めた事で話題となっている。というのも瀬戸内寂聴を主人公とした泥沼の不倫をもとに作られた映画。不倫相手と自分、そして不倫相手の妻との物語。後半は漫画『はじまらない結婚』。こちらもドロドロな内容。幸せな結婚式の当日に信じられない出来事が起こる。とにかく冒頭から心つかまれ読み進んでしまう漫画!ある意味、興味津々な2作品です。

#20 1994年公開『ブロードウェイと銃弾』と2022年の秋アニメ!オススメ作品を紹介します

前半は森川みどりが大好きなウッディ・アレン作品。その中でも5本の指に入る大好きな作品『ブロードウェイと銃弾』(1994年作品)を紹介。後半は、2022年秋アニメが出そろった。そんな秋アニメ作品の中でも宇野ひろみが独断と偏見で選んだ作品を紹介する。

#19 サスペンス映画『鑑定士と顔のない依頼人』と近未来医療アクションファンタジー漫画『シニガミ×ドクター』

前半は、サスペンス映画「鑑定士と顔のない依頼人」を紹介。イタリア映画で監督は「ニューシネマパラダイス」で有名なジュゼッペ・トルナトーレ。主人公は、初老のオークション鑑定士。こだわりが強く人を寄せ付けず、今まで恋をしたことがないという。ある日「両親が残した家具や絵画を鑑定して欲しい」と、若い女性から1本の依頼の電話がある。その依頼を受けて行ってみたら大きな古いお屋敷・・・。前半から様々な仕掛けがほどこなれたストーリー展開に目が離せない映画。驚きの結末は映画を観てのお楽しみ。

後半は、近未来医療アクションファンタジー漫画の「シニガミ×ドクター」。この漫画の設定は近未来。草木も生えない荒廃した世界が舞台。今生きる人は咲いている花を見たことがない。そんな世界にある正体不明の病気。この病気にかかって死ぬときに大輪の花を咲かせる・・・。そんな病気に立ち向かう戦うドクターの物語。さぁこの漫画の結末は・・・。今回はミステリーな映画と漫画の紹介です。

#18 観終わった後、幸せな気持ちになる映画『プロヴァンスの贈り物』と人生ってそういうものなのか?と思わせてくれる漫画『じじまごぐらし』

前半は見終わったら幸せな気持ちになる映画『プロヴァンスの贈り物』(2006年公開・リドリー・スコット監督)を紹介。舞台は南フランス・ワインの産地・プロヴァンス。悪い人間がいい人間になっていく。後半に幸せになる場面がやってくる・・・。景色の美しさも堪能できる映画。ストレスを抱えている人に必見。後半は漫画『じじまごぐらし』(作:森脇葵)。葬儀社に勤める初老の男性。以前勘当した娘が交通事故で亡くなった。最後の仕事が勘当した娘の葬式。そこに残されたのは5歳の息子・・・。そこから孫とお爺ちゃんの生活が始まる。読み終わったあとに人生ってそういうものなかなぁ・・・。と感じさせてくれる作品。

#17 森川みどりが今一度2008年公開の「容疑者Xの献身」を紹介!リスナー必聴!しつけが出来る絵本「モジャキのくすり」

前半は森川みどりが過去観た邦画のベスト10に入る2008年公開のガリレオシリーズ『容疑者Xの献身』をあらすじから丁寧に紹介した。後半は、宇野ひろみがお薦めする絵本『モジャキのくすり』。この絵本、読んで聞かせた子供たちが嘘をつかなくなるという優れもの!

#16 テアトル梅田閉館とトニーレオン。少年ジャンプで連載中の「あかね噺」!

テアトル梅田が9月30日をもって32年の歴史に幕を閉じる。そんな思い出のテアトル梅田で一番印象に残っている出来事はトニー・レオンと過ごしたある一日・・・。後半は現在 少年ジャンプで連載中の「あかね噺」を紹介する。落語家を目指す少女の物語。そこにたどり着くまでには驚きの出来事が!?

#15 森川みどりの今年1番の作品〝 ハケンアニメ ” と 異世界モノがちょっと苦手な宇野ひろみが紹介する〝 異世界居酒屋「のぶ」”

前半は森川みどりが「今年の一番の映画は?」と聞かれたらコレ!と答える映画「ハケンアニメ」のご紹介。原作本と映画作品との感覚に違い。原作を読んでから見る映画。映画を見てからの原作本。アニメ業界の表裏など。映画を通じていろんなことをお話ししてます。後半は、宇野ひろみが実は苦手な「異世界モノ」。今回はあえて紹介します。それはなぜか?実は最近書店でこのジャンルが幅を利かせているからだったのだ・・・。そんな中から宇野ひろみが読んで面白かった〝異世界居酒屋「のぶ」”を紹介します。

#14 次回のアカデミー賞に日本代表として推薦された社会派映画「PLAN75」と眼鏡の人にオススメ!眼鏡マニアの女性が主人公の漫画「眼鏡橋華子の見立て」」

前半は、次回アカデミー賞に日本映画の代表として推薦された社会派映画「PLAN75」を紹介。超高齢化が進んだ日本の近未来の物語。時の政府が75歳以上の高齢者は人生の最後を保証するという架空の制度を利用する・・・。見た人が考えさせられる社会派映画。そして後半は、眼鏡をかけている人に朗報!?眼鏡についての様々なことが漫画に織り込まれた、眼鏡好きや眼鏡をもう一つ使いこなせていない人が参考になる漫画「眼鏡橋華子の見立て」を紹介。

#13 ネットフリックスのアクション超大作映画「グレイマン」~ SFと不倫が融合した漫画「あげくの果てのカノン」

前半はネットフリックス史上最高の製作費2億ドル(日本円で約276億)のアクション超大作「グレイマン」を紹介。服役中の男を訪ねて謎の男が訪ねて男が来るところから物語は始まる。謎の男の正体はCIAの捜査官だった。その男が服役中の男に頼んだのは・・・。ここから始まるスパイ活動や暗殺。この物語の結末はどうなるのか?そして後半はSFと不倫が融合した漫画「あげくの果てのカノン」。舞台は近未来の地球。通常の生活は地上と地下に分かれた世界。そこにいる恋に盲目で一途な女性が主人公。その女の異常な恋愛志向とそれに巻き込まれる1組の夫婦。そしてエイリアンに襲われる近未来。さてこの物語の結末はどうなるのか?

#12 映画の舞台挨拶で起きたピリつくエピソード。その時とった西島秀俊の対応は?恋の深層心理を読み解く漫画「深夜のダメ恋図鑑」を熱弁!

前半は2019年5月に公開された「空母いぶき」の記念試写会&舞台挨拶で起こったハプニングをご紹介。主演の西島秀俊にお客さんが放った言葉とは?そして西島秀俊はその言葉に何とかえしたのか?を当時司会をしていた森川みどりが赤裸々におしゃべりします。そして後半は何故かダメ男ばかりを引き寄せてしまう3人の女子が主人公の漫画「深夜のダメ恋図鑑」をご紹介。いろんなタイプのダメな男が登場し、その男を勝手にこき下ろす漫画。女子にとってはある意味あるあるの内容を宇野ひろみが熱く解説!

>

#11 今だから言える!映画の試写会で起きた嘘のような本当の話!と納涼特集!美内すずえのオカルトホラーの金字塔的作品「白い影法師」の解説。

前半は、昔はよくあった名画試写会。新聞社や放送局主催の試写会が頻繁にあった時代のお話。今だから言える試写会で絶対にやってはいけない失敗話を当時司会をしていた森川みどりが激白!後半は、宇野ひろみもビビったあのオカルトホラー漫画の金字塔的作品!美内すずえが描く「白い影法師」の世界をたっぷり解説します。

#10 森川みどりが激白!キムタクとの思い出。宇野ひろみオススメ!漫画「神客万来!」をご紹介!

前半は森川みどりが数多くの舞台挨拶の中でもある意味ときめきドキドキしてしまった18年前のキムタクとの思い出を語る。そして後半は、宇野ひろみオススメのファンタジーな漫画をご紹介。歴史上の人物満載の漫画です。

#9 たった2週間で公開打ち切りととなった幻の映画『ある日どこかで』と世界的大ヒット漫画『ワンピース』を数値化してみた!

今回はスーパーマンのクラーク・ケント役で有名なクリスファー・リーヴ主演の映画『ある日どこかで』を紹介。実はこの映画、全国ロードショーとしては最短となる2週間で打ち切りとなった。ところが近年隠れた名作として評価する人も増え、再評価の機運が高まっている。そんな映画『ある日どこかで』を丁寧に解説します。そして後半の漫画は、知らない人がいいないと言われるほど世界的にも大ヒットしている『ワンピース』のご紹介。漫画大好き宇野ひろみが「ワンピース」の凄さを徹底数値化して紹介してみました。

#8 韓流スターが大阪にやって来た!おばちゃんパワー炸裂!ちょっと涼しくなる漫画「わたしの正しいお兄ちゃん」の紹介

前半は「韓流スターが大阪にやって来た!」と題して韓流ブームのころの大阪の盛り上がりとそれを盛り上げるおばちゃんの熱狂、それに優しく対応する韓流スターの面々を森川流にお伝えします。後半は、この夏ちょっと涼しくなる漫画「わたしの正しいお兄ちゃん」。これはサスペンスなのか?読めば読むほど引き込まれる漫画を紹介。どちらも聞きどころ満載の30分です。

#7 超オススメ!ラスト20分に大どんでん返し!映画「アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台」と お笑いの頂点を目指す青春ストーリー!漫画「ショーハショーテン」

前半は最後の20分に「こんなことある?」と感動して涙が止まらなっか映画「アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台」を紹介。番組ではそのラスト20分までのあらすじ紹介。これを聞くと観に行きたくなる内容。そして漫画は高校1年の男子生徒二人がお笑いの頂点を目指す青春ストーリー!漫画にでは考えられない笑いの表現に驚いた!漫画「ショーハショーテン」を紹介する。今回は映画もマンガもじっくり内容を語りました。

#6 あなたの知らない戸田奈津子を語ります! と コンビニ・グルメ・コメディ漫画「コンビニお嬢さま」!

前半のシネマトークは、日本の映画翻訳、通訳の第一人者の戸田奈津子さんが、通訳引退を発表した。トム・クルーズとのエピソードから戸田奈津子さんの歴史を語る。後半のマンガトークは、コンビニグルメが好きでたまらない超お嬢様をコミカルに描いた「コンビニお嬢さま」を紹介!今回も みどり・ひろみの好きなことだけトークをお楽しみ下さい。

#5 2003年夏・ロスの思い出。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』と「ジョニー・デップ」。人の体の中で起こるストーリー!漫画『はたらく細胞』

2003年の夏、森川へ映画会社からロスでの取材依頼が来た!その取材は、後にシリーズ化された映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』と俳優ジョニー・デップ。胸ときめかせて行ったロサンジェルス!そこで起こった顛末は?? 続いて宇野は、漫画版 解体新書と言われる『はたらく細胞』を紹介。体の中にあるあらゆる細胞が擬人化された漫画で既にアニメ化にもなったヒット作!体調不良の原因や元気になるコツも分かる優れもの漫画だ!

#4 1975年公開!高倉健主演映画「新幹線大爆破」とコレを読んだら図書館の仕組みが分かる漫画「税金で買った本」を紹介します。

1975年に東映映画と公開された「新幹線大爆破」。主演は高倉健。その他も当時の東映が総力を挙げた豪華キャストで制作されたが、日本ではヒットしなかった。そんな映画の制作秘話からその後を、当時のプロデューサーから直接聞いた話を披露する。そして漫画は「税金で買った本」。コレは図書館にある本のこと。税金で買った本であるための図書館で行われている業務を分かりやすく、そして図書館内の人間模様を描いた漫画です。これを読んだら図書館の仕組みから行ったときの本の扱いまでが変わるかも?そんな漫画のご紹介です。

# 3 シュワちゃんに振り回されたあのときの話。ミドル層からシニア層の人が読んだら前向きになれる「海が走るエンドロール」。

今回も好きなことだけ喋ります。前半は、大スター、アーノルド・シュワルツェネッガーは、天真爛漫なのか?それとも単なるワガママなのか?を知るエピソードを大公開!大スターに振り回されたある一日を森川みどりがご紹介。そして後半は、ミドルからシニアの人がこのマンガを読んだら必ず前向きになれる!そんな作品「海が走るエンドロール」を宇野ひろみがご紹介。

2 ラーメン大好き!キアヌ・リーヴスの素顔とは? スポ根少女マンガの名作「エースをねらえ!」は、恋愛色が強すぎる??

映画担当の森川みどりは、ハリウッド俳優のキアヌ・リーヴスがキャンペーンで来た時のエピソード。マンガ担当の宇野ひろみは、スポ根少女マンガの名作「エースをねらえ!」(作:山本鈴美香)を徹底分析!大人になって読んでみると恋愛マンガ??今回も二人は好きなことしか喋らへん!

#1 トム・クルーズは天真爛漫! 読んだらアノ頃に戻れる漫画「女の園の星」って?

記念すべき第1回放送。映画担当の森川みどりは、現在公開中の「トップガン」にちなんで以前来日した時のトム・クルーズのエピソード。そして漫画担当の宇野ひろみは、人気漫画「女の園の星」(作:和山やま)について熱弁を振るう!

専門家
お楽しみいただけましたら、ぜひシェアお願いいたします!励みになります!
番組の更新情報はTwitterでお知らせしています。フォローお願いします!
大国ベース
タイトルとURLをコピーしました